児童青少年 演劇 まつり やましろのくに 2019(レポート)

実は9月に京童が、丹波橋の呉竹文化センター・創造活動室や別の部屋も借りてミニフェスを行いまして、その時、単独で山﨑空がお手伝いに行きました。
その時のご縁で、やましろのくにの演劇まつりの手伝いにも行かせてもらいました。その時のレポートを書いてもらいました。
+++

児童青少年 演劇 まつり やましろのくに 2019
二回目の児童演劇でしたが、この日は前回に比べてお客さんが多かったです。
今回は前日の仕込みから入りました。初めて幕を張ったのですが、張り方に驚きました。
会場は、何もない会議室だったりしたのですが、きちんとした舞台になっていく過程が見られて良かったです。本番は人形劇が多かったのですが、劇中色々な仕掛けがあり、見せ方などとても勉強になりました。中でも一番気に入ったのは芋虫の動きで、とてもリアルでびっくりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です